現地留学生が選ぶバンクーバー おすすめ観光スポット

現地留学生が選ぶバンクーバー おすすめ観光スポット

どうもこんにちは。学校の最終プロジェクトが忙しくて結構長い間サボってました。
無事全部終わりました。あざっす。

バンクーバーに来てから1年半以上経ち、大抵のところは行ったので、おすすめスポットを紹介したいと思います。
特にランキングとかではないのでおすすめ順ではないですが、ダウンタウンから近い順にピックアップしたいと思います。

ただ最初に2つだけ言っておきたいことがあります。
1つ目はバンクーバーは来るところではなく住むところ。
2つ目はそれでも来るなら6月後半から10月の始めくらい。

バンクーバーはとても良い街だと思います。
こちらのサイト(the 20 greatest cities to live in)で第5位にも選ばれています。
インフラは整っているし、自然も豊富、ビジネス的にも伸びてきているっぽいという事で完全に同意です。ただ、観光という意味ではバンクーバーに来ないと見られない!みたいなとこはないかなって感じです。
日本の都市で例えようと思いましたが、失礼な感じになるのでやめておきます。
ちなみに私の出身の市は住みやすい街ランキングの結構上位にきていますが、個人的には??って感じです。(まあそこを離れてから10年以上経っているので今は良いのかもしれませんが。)

それでもどうしても来たい場合には夏が良いです。とても綺麗で過ごしやすいです。
湿度も低いのでそこまで暑さを感じません。(ただ、日差しは強いのでサングラスとか日焼け止めはした方が良いですね。)
夏以外は基本雨だと思ってください。毎日雨です。TED Talkで誰かが言ってました。バンクーバーでは天気予報はいらない。その代わり傘だけ持ってれば良い、と。(会場は馬鹿ウケでした)

Gas Town

Gas Town
引用元:https://creatorsvancouver.com/gastown-delicious/

<ダウンタウンからの距離:0分>

ダウンタウン北側にある街の一角です。
残念ながらここだけ写真撮ってなかったので、とても良い感じの写真になっています。
(流石にこれはカメラの力ですが、雪の夜は結構綺麗ですよ。寒いですけども。)

旧ヨーロッパ風のレンガ式の建物がたくさん並んでいて、近代都市の中にあるレトロな雰囲気を醸し出しています。
数ブロックだけの地域ですが、色々なお店(レストランやお土産屋さん)があるので観光するには便利だと思います。

写真にある時計はスチームで動いている時計で、15分に一回音がなり、1時間に1回スチームがブワッと出るのが特徴です。
ここはいつ行っても人が周りにいますね。
正直、その音とかスチーム自体は1回見れば十分かなくらいのスケールなのですが、中の構造が見られる様になっています。元々メカのエンジニアなので、これは楽しいです。(ほほぅ。こういう構造になってるのか、的な。)

English Bay

English_bay

<ダウンタウンからの距離:徒歩10分>

バンクーバーに住んでいる人はとりあえずここ行っとくか的なところです。
私はそんなに行ってないですが、友達は毎週の様に学校終わりに友達と行ってました。
カップルもとりあえずここでダベる的なところだと思います。

ちなみに島根出身の友達が学生時代はデートするところないからとりあえず皆海に行くので、そこで誰と誰が付き合っているかわかると言ってましたが、そんな感じの場所です。

海自体がそんなに綺麗ではないのですが、夕日の感じとかとても綺麗ですね。ロマンチック。

Science World

science world
引用元:http://dailyhive.com/

<ダウンタウンからの距離:電車で5分 or 徒歩15分>

個人的にはここが一番のオススメです。
客層は家族で子供の教育のために行く様な場所だと思うのですが、こういう科学館的な場所が大好きな私としては非常に楽しく回れます。

錯視のオブジェとか、動物の剥製的なものとか、変な虫とか科学的な意味で一応網羅されています。
あとは握力測る機械とかそういうのもあるのでフィジカル的な意味でも楽しめます。

人体の構造的なセクションだったと思うのですが、その一つのカテゴリーに性教育的なところがありました。まあ英語で書かれているので日本人の子供が見ても理解はできないと思いますが、そういうのもアリなんかとちょっとカルチャーショックでしたね。(君のパパとママが×××したから君が生まれたんだよ。とか、多分今も×××してるかもしれない。とか普通に書いてあって面白かったです。)

中の写真をあげて良いのか分からなかったので、とりあえず外観を他のサイト様から引用させて頂きました。
面白い形してますし、夜はライトアップされて綺麗です。ロマンチック。

Stanley Park

stanley_park

<ダウンタウンからの距離:バス10分 or 徒歩30分>

多分ここがバンクーバー の観光場所として一番有名なところだと思います。
観光ガイドにも載っているので特に詳しい説明はしません。

一周8kmくらいで、中を全部周った訳ではないので全てを把握している訳ではありませんが、何個か池があったり、外周からはノースバンクーバーが見渡せるとか、馬車的なもので周れるとか色々やれることはあると思います。(ちなみにこの記事のアイキャッチ画像の馬はこれです。)

日本でいう代々木公園的なとこですね。家族でピクニックとか、シニアのカップルが散歩してたりとかそういう街のリラクシングプレイス的な場所です。

Granville Island

Granville island

<ダウンタウンからの距離:バス20分>

ダウンタウンからちょっとのとこにあるパブリックマーケットです。色々なお店が中にあるので、お土産とかはここで買うのも良いかもしれません。

パブリックマーケット以外にもレストランやちょっとした雑貨屋さんなどがあるので、そこそこ楽しめます。私が行った雑貨屋さんは面白グッズ的なものを色々扱っていましたね。ビレッジバンガード的なとこでした。

写真は日本からこっちに遊びに来た友達からもらった写真です。自分で撮るのは忘れてました。

Capilano Bridge

capilano bridge

<ダウンタウンからの距離:バス30分>

バンクーバーで有名な吊り橋です。とはいえ、吊り橋自体は別にそこまでって感じですね。どちらかというと整備されたハイキングコースといった感じです。ゆっくり色々見ながら歩いて2時間弱ってところです。

ただ一人30ドルくらいします。個人的にはそこまで払ってまで、、、って感じです。ちなみにScience Worldも30ドルくらいでした。次行くとしてもノータイムで払います。

季節か期間によっては夜にライトアップされるらしいので、多分綺麗です。多分ロマンチック。

写真はハイキングコースの途中で見られるフクロウです。何か分からないけどフクロウ好きなんですよね。何か良くないですか?

Lynn Cannyon

Lynn Canyon
引用元:https://www.tripsavvy.com/

<ダウンタウンからの距離:電車とバスで60分>

ここは言ってしまえばただのハイキングコースです。Capilano Bridgeと同じ感じですね。ただ綺麗な川があって、飛び込みを楽しんでる人がいたり、なんならここにも吊り橋あります。

そして何と言っても無料です。タダです。Capilano Bridgeとの二択だったらこっちの方が良いかなとは思います。奥まで行くと結構時間かかると思うのですが、まあ2時間くらいちょこっとハイキングって方が多いのかなといった印象ですね。

Deep Cove

Deep cove

<ダウンタウンからの距離:電車とバスで60分>

ここもバンクーバーで人気のハイキングスポットです。写真から分かる通りハイキングコースの一番奥では絶景が見渡せます。(柵とか何もないので気をつけてください。調べてないですが多分何人か落ちてると思います。)

コース的には少し上り坂のコースを2時間弱くらいかけて登ります。んで同じコースを戻ります。普段あまり体を動かさない人にはちょっぴりキツめのコースです。ただ登りきった先に最高のインスタスポットが待ってます。私はインスタやってませんが。

UBC(番外編)

<ダウンタウンからの距離:バス30分>

ちょっと番外編ということでUBC紹介します。
University of British Columbiaのことで海外のスケールの大きい大学そのものって感じです。キャンパスなのか街なのか分からない感じです。

何故番外編にしたかというと、実はここにはヌーディストビーチがあります。
多分大学の敷地外になるとは思うのですが、Wreck beachというビーチがあって半分くらいの人は裸です。

面白かったのはバンクーバーにはたくさんアジア人がいます。カナダ生まれのアジア人もいっぱいいて彼らの文化はカナダのはずです。でもそのビーチに裸のアジア人は一人もいませんでした。文化っていうのは生まれてから100%身に付くものだと思っていたのですが、もしかしたら遺伝もあるのかもしれませんね。まあカナダ生まれのアジア人でも両親が移民の可能性があるので家庭内で育まれた文化の違いかもしれませんが。

まとめ

有名どころをざっとまとめてみました。
正直1年半以上ここに住んでいますが、上記のところには最初の3ヶ月で全部行きました。なので全ての思い出は1年以上前です笑

少しでも旅行の助けになれば嬉しいです。

その他カテゴリの最新記事