サッカーで使える英語集

サッカーで使える英語集

カナダに来て地元のサッカーの集まりとかに参加しているのですが、そこで学んだサッカーで使える英語をシェアしたいと思います。
聞いている分には何をして欲しいのか何となく分かると思うのですが、自分がして欲しいことは何と言って良いか分からなかったりするので、まとめてみました。因みに日本では中学までサッカー部それから遊び程度にフットサルしかしてないので、もしかしたら用語に違いがあるかもしれませんが、ご承知願います。まあ多分ほぼ同じだと思いますが。

攻撃中

自分のチームが攻めている時の指示です。

(Take) Time

ゆっくり、とか時間かけろとかそんな意味です。
Takeは言っても言わなくても良いです。
初めてTime!と言われた時は、中断するのかと思いました。違います。気をつけてください。

Easy

これは簡単ですね。指示としても英語としても簡単です。
まあシンプルにパス出せとかそういう意味です。

Switch the side

逆サイドにボールを出せとかそんな意味です。

Sky ball

浮き球くれって意味です。センタリングとかの時ですね。

Keep going

そのまま行け!です。攻撃でも守備でも使えるのですが、味方がやっていることをそのままやって欲しい時に使います。
そのままドリブルだろうが、そのまま守備でマンツーマンでついて行けとか、結構汎用性は高いです。

Man on

これは日本でも言いますよね。初めて中学で聞いた時は最初マロンに聞こえて、「え?栗?」と混乱した記憶があります。
発音はマノンです。
味方がトラップする時に後ろから敵が近づいている時とかに使います。

守備中

自分たちが守っている時の指示です。

Get the ball

ボールを取りにいけという意味です。

Get him

奴について行けとかそういう感じです。女の人だったらGet herですね。

Right(Left) side

右サイド(左サイド)見ろっていう意味です。

Kick it out

クリアしろって意味です。蹴って外に出せってことですね。

One by one

ワンツーマンで行けっていう意味です。

Chase the ball(him)

追えという意味です。相手が最後列でバタバタした時とかにドリブルしている敵を追って欲しい時や、そのままボールを追って欲しい時に使います。

Stick to him

ついてけという意味です。stickはくっつくという意味なので、そのままくっついて行けという意味です。

声かけ

味方が何かをした時の声かけです。

Nice try

チャレンジしたけど、点が入らなかった時とかに使います。

Almost

惜しい!とかそんな意味です。

Good job

味方が点を決めたら惜しみなく褒めましょう。

まとめ

サッカーして興奮しているとやっぱりたまに日本語出て来てしまいます。
すんなり英語で指示ができる様になるにはまだまだ修行が足らないですね。
あとは皆シュート外したり点を取られるとFワード使いますが、そこは真似しなくても良いと思います(笑)

英語カテゴリの最新記事